スクールカウンセリング

スクールカウンセラーとは

スクールカウンセラーとは、教育現場において心理相談業務全般に関わるものをいう。

略して、SC(School Counselor)

文部科学省は、平成 7 年度から「スクールカウンセラー活用調査研究委託事業」として、公立中学校にSCを派遣。

現在は、保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校、私立学校等に派遣されている。

 

スクールカウンセラーの役割・業務

  1. 児童生徒に対する相談・助言
  2. 保護者や教職員に対する相談(カウンセリング、コンサルテーション)
  3. 校内会議等への参加
  4. 教職員や児童生徒への研修や講話
  5. 相談者への心理的な見立てや対応
  6. ストレスチェックやストレスマネジメント等の予防的対応
  7. 事件・事故等の緊急対応における被害児童生徒の心のケア

 

文部科学省が示している役割は、以上の7項目だが、この7項目は基本的な役割。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください