臨床心理士資格試験に向けての勉強時間はどれくらい?

臨床心理士指定大学院を修了し、その年にある資格試験のために

修了生はどのくらい勉強をしているのか、気になりますよね。

特に、受験までの半年間は、初めての社会人として仕事に追われる毎日で

勉強時間を取れないという人もよくいます。

 

そこで、筆者が修了した、とある大学院での受験に関するアンケート結果を紹介したいと思います。

平成22年度のデータなので、少し古くはなりますが、参考にして見てください。

回答者は、22人です。

 

4月からの平日(仕事がある日)の平均勉強時間は?

 

 

 

平日は、1時間未満という人が一番多かったです。勉強してない人も結構いますね。

4月からの休日(仕事がない日)の平均勉強時間は?

やはり、平日よりも休日の方がぐっと増えてますね。しかし、勉強していない人が4人も・・・。

一次の筆記の感想は?

やや難しいという人が一番多かったです。やはり、一筋縄ではいかないようですね。

一次の論文の感想は?

論文も筆記と似たような感想にはなっていますが、簡単という人も2人という結果に。

一次試験後の受かるか受からないかの感想は?

予想できないのが、この試験の特徴なのかもしれませんね。

二次試験後の受かるか受からないかの感想は?

二次試験の面接は、人によって感じ方が違うことが多いため、意見もバラバラな印象です。

しかし、やはりわからないが多いですね。

過去問は何年度分(平成3から21年度全てで19)やった?

19年分全てやっている人がダントツでした。やはり、過去問は大事ですね。

過去問を何回ずつ解いた?

1〜3回が最も多かったですね。19年分で、2回やればそれだけで38回ですからね・・・。

5回以上は驚異の数字です。

 

どうでしたか?

今回は、臨床心理士資格試験についてでしたが

公認心理師試験にも通ずるところがあると思うので、よかったら参考にして見てください。

スポンサードリンク[ad#ad-1]

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください