プレグナンツの法則

プレグナンツの法則とは

ゲシュタルト心理学者のヴェルトハイマーが見出した知覚に関する法則。

知覚から始まった法則だが、記憶や学習にも当てはまるとが証明されており、

脳の負担を減らし、効率的に知覚・記憶することができる。代表的なものは、以下の3つ。

近接の要因

●●●    ●●●●●●      ●●      ●●●●

上記のように、近くに配置された要素は、まとまりとして知覚されやすいというもの。

類同の要因

◯◯⚫⚫◯◯⚫⚫◯◯⚫⚫◯◯

上記のように、同種のものが、まとまりとして知覚されやすくなるというもの。

閉合の要因

(  ) (  ) (  ) (  )

上記のように、互いに閉じられている関係にあるものは、まとまりとして知覚されやすいというもの。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください