臨床心理士・カウンセラーに向いている人とは

カウンセリング

臨床心理士に向いている人の話をしたいと思います。

みなさんは、どんな人が臨床心理士・カウンセラーに向いていると思いますか?

その前に、臨床心理士にはどんな人が多いかをお伝えします。

大学院時代、そして、働きながら思うことは

まず、女性が圧倒的に多い。

臨床心理士の数は、平成27年度のデータで31,291名です。そのうちの約7割が女性と言われています。

確かに大学院でも、大学院生の7割が女性でした。

所属している県の臨床心理士会でも、女性が圧倒的に多いです。

精神科医は、男性が多いですがね(そもそも医師は男性がほとんどです)

女性が多い理由としては、感情表現の問題があげられます。男性は、感情表現が苦手で

他者のことどころか、自分の気持ちを言うこともなかなかありません。

今は、感情を出していく男性も増えてきたように思いますが

割合としては、圧倒的に女性のほうが優れれているでしょうね。

相談者の観点から見ても、それが言えます。クライエントのほとんどが女性です。

9割ほどといってもいいのではないでしょうか。

 

保護者の面接でも、父親があらわれるのは、20ケースに1人くらいです。

そもそも相談という習慣が、女性にはあっても、男性にはありません。

相談に慣れ親しんでいるのは、女性でしょうね。

 

男性のカウンセラーを見ていても、女性に近い感覚を持っている方が多いように思われます。

中性的で、感情表現もそれほど苦手ではない、女子力の高い方が

男性カウンセラーには多いですね。

 

そして、受け身の方が多い。前をきって、リーダーシップを発揮するのが得意という方は、

少ないです。

臨床心理の中でも、大学教授には男性が多いのは、

出世欲が高く、アグレッシブな方はそういう場所を目指すからでしょうね。

しかし、それは決して多数派ではないでしょう。

多くの現場で活躍する方は、受け身で謙虚で人前で話すのが苦手という

まさに、カウンセラータイプと言える人たちです。

 

まとめるとこんな感じでしょうか

①女性、女性性を兼ね備えた男性

②自信がなく、自分のことをカウンセラーに向いていない、仕事ができないと思ってしまう人

 

まえのしん自身は、本当にカウンセラーに向いていないと思っています。笑

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください