マインドフルネス 小・中学生おすすめワーク

 

こんにちは、まえのしんです。

ぼくが小・中学生向けにおすすめするマインドフルネスワークを紹介します。

 

スポンサードリンク

 

 

マインドフルネスの概念を、小・中学生に説明して、理解させるのは

なかなか難しい。

担任や管理職の先生方も、一緒に授業を受けてくれますが

授業が終わった後に、先生にマインドフルネスを説明してくれますか?

と質問しても、答えることはできない。けど、なんとなくはわかった。

と、大人でもこんな感じ。

 

けれど、それでいい。

特に、子どもたちには、体験的に学んでもらうことが大事かなと思う。

 

では、おすすめのワークを紹介します。

その名も、E.T.のワーク。

 

この記事を読んでいる世代の人は、

E.T.と聞いたら、すぐにピン!

と来ると思いますが、意外や意外。

最近の子どもたちも、結構E.T.を知っていたり

映画を観たことがある子も、少なくありませんでした。

 

名作は、年月が経っても、名作。

 

ワークのやり方

①E.Tの説明を軽くして、指と指をあわせるシーンをすることを伝える

②ペアになって、向かいあわせる。

この時、近すぎると距離感が気になり、遠すぎると腕が疲れてくるので

指と指を合わせた時に、お互いの肘が軽く曲がる程度の距離に座るように指示する

③右手の人差し指同士をあわせる。

この時、爪と爪をあわせるようにするのではなく(E.T.のジャケットはそれに近いが…)

指の腹と指の腹をあわせるように指示する。

④目を閉じさせ、大体、1〜2分間続けて、指先を観察するように指示する

中学生くらいになると、お互いを意識して恥ずかしがるのが普通。

場が静まるまで、少し時間がかかるので、静まってから

1分ほど、指先に集中するように指示。

基本的なマインドフルネスの指示と同様、気がそれたら

それたことに気づき、意識を指先に戻すことをアナウンスする。

⑤感想をシェアリング

基本的には、マインドフルネスでは、「考え」は聞かない。

感じたことをありのままに、聞いていくこと。

 

 

よければ、お試しください

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください