児童家庭支援センター

児童家庭支援センターとは

児童家庭福祉に関する地域相談機関。

  1. 児童に関する家庭その他からの相談のうち、専門的な知識及び技術を必要とするものに応じる。
  2. 市町村の求めに応じ、技術的助言その他必要な援助を行う。
  3. 児童相談所において、施設入所までは要しないが要保護性がある児童、施設を退所後間もない児童等、継続的な指導措置が必要であると判断された児童及びその家庭について、指導措置を受託して指導を行う。
  4. 里親及びファミリーホームからの相談に応ずる等、必要な支援を行う。
  5. 児童相談所、市町村、里親、児童福祉施設、要保護児童対策地域協議会、民生委員、学校等との連絡調整を行う。

平成28年度精神保健福祉士国家試験に出題

家庭内の問題を相談する機関とその役割に関する次の組合せのうち、正しいものを1つ選びなさい。

1 .配偶者暴力相談支援センター(被害者の自立促進のための情報提供・助言 )◯

2 .ひきこもり地域支援センター(閉じこもり状態にある高齢者の要介護認定)

3 .地域包括支援センター( 認知症を有する者に対する専門医療の提供)

4 .児童家庭支援センター(障害児の保育所への入所の審査・決定)

5. 発達障害者支援センター(軽度の情緒障害を有する児童に対する入所治療)

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください