ドア・イン・ザ・フェイス法

ドア・イン・ザ・フェイス法とは

フット・イン・ザ・ドアとは逆の手法で、
最初に断られたり、拒否されたりして当たり前のような大きい要求をし、その後で本当の目的だった要求を通すこと。

断ることによる罪悪感や、相手が断ることを受け入れてくれた(譲歩してくれた)という心理が受け手側に働き、報性の原理により、後の要求を受け入れてしまう。

平成28年度臨床心理士資格試験に出題

次の説得に関する用語とその概念の組み合わせの中から、正しいものを一つ選びなさい。

a.フット・イン・ザ・ドア法     自由への脅威
b.ドア・イン・ザ・フェイス法    譲歩の返報性
c.心理的リアクタンス理論      時間の効果
d.接種理論             自己知覚理論
e.スリーパー効果          自己の信念の防衛

正解は

a.フット・イン・ザ・ドア法     自己知覚理論
b.ドア・イン・ザ・フェイス法    譲歩の返報性
c.心理的リアクタンス理論      自由への脅威
d.接種理論             自己の信念の防衛
e.スリーパー効果          時間の効果

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください