DOHaD仮説

スポンサードリンク[ad#ad-1]

DOHaD<Developmental Origins of Health and Disease>仮説とは

成人病(生活習慣病)胎児期発症起源説。将来の健康や特定の病気へのかかりやすさは、胎児期や生後早期の環境の影響を強く受けて決定されるという概念。

この概念は1986年Barkerらの論文に始まるもので、当初はBarker 仮説と呼ばれていた。

 

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください