エイジング・パラドックス

エイジング・パラドックスとは

加齢に伴い様々な機能が低下する中でも、それを上手に対処すること(目標の調整や他者の助けなどで)で高齢者の幸福感が低くならない現象のことをいう。

第1モデル

目標を調整し、失われたものに執着することなく、現在持っている資源を使って、少しでも前の状態に近づこうとするモデル。SOCモデル(Selective Optimization with Compensation:補償を伴う選択的最適化)と呼ばれる。

Loss based Selection:損失に基づく選択

身体機能等の喪失により、以前できていたことができなくなるため、目標を見直し、少し下げて設定する。

Optimization:最適化

現在持っている資源を有効活用し、最適化を図る。

Compensation:補償

これまで使っていなかったものや他社の助けで補う

第2モデル

工夫して目標に近づくことを1次コントロールと呼び、第2モデルは、目標のあきらめを受け入れるモデルで、2次コントロールと呼ぶ。リフレーミングや説得を用いる。

第3モデル

彼に伴い死が近づくにつれ、幸福感を維持しようとすること自体が目標となり、ポジティブな情報に対しての意識が強くなるというモデル。ネガティブな情報は無視される。

スポンサードリンク

 

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください