平成30年度公認心理師国家試験「問8」

スポンサードリンク

問8 パーソナリティや自我状態に関する心理検査について、正しいものを1つ選べ。

  1. MASは、多面的にパーソナリティを測定する検査である。
  2. IATは、顕在的意識レベルの自尊心の個人差を測定する検査である。
  3. NEO-PI-Rは、パーソナリティの6つの次元を測定する検査である。
  4. 東大式エゴグラムは、被験者の自我状態をP、A又はCの3タイプのいずれか1つに分類する検査である。
  5. YG性格検査は、パーソナリティの12の特性を測定する120項目への反応を通して被験者を典型的な型に分類する検査である。
解答

MAS(Manifest Anxiety Scale:顕在性不安尺度)は、身体的不安・精神的不安を含めた不安のスクリーニングテスト。

IAT(Implicit Association Test:潜在的連合テスト)は、様々な社会的現象に対する潜在的態度を測定するテスト。

NEO-PI-R(Revised NEO Personality Inventory)は、人格を5つの次元から把握する人格検査。N:神経症傾向 、E:外向性、O:開放性、A:調和性、C:誠実性。5つの次元はさらに、6つの下位次元で構成される。

東大式エゴグラムは、53項目の質問に「はい」「いいえ」「どちらでもない」で回答し、5つの心の強弱によって自己理解を深める性格検査。CP:批判的な親、NP:養育的な親、A:大人、FC:自由な子ども、AC:順応した子ども。

YG性格検査は、問題文の通り。小学生用は96問。

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください