公認心理師とは

公認心理師は、日本の心理系国家資格。

2018年度に、第一回目の資格試験が行われる予定になっており、現在はまだ資格をもっている人はいない。

厚生労働省は、下記のように定義している。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。
(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

 

スポンサードリンク[ad#ad-1]