ターミナルケア(終末医療)

ターミナルケア(終末医療)とは

終末期の医療及び看護。老衰、がん、認知症、筋ジストロフィーなどの進行により、延命は不可能で、延命治療は行なわず、身体的苦痛や精神的苦痛を緩和・軽減することによって、クオリティ・オブ・ライフ(QOL)を維持・向上することを目的とする。ターミナルケアをする医療施設をホスピスと呼ぶ。

平成29年度精神保健福祉士国家試験に出題

がん患者の支援に関連する次の記述のうち、正しいものを 1 つ選びなさい。

1 ホスピスは、がんで親を亡くした子どもに教育資金を貸与する仕組みである。

2 緩和ケアは、がんと診断された段階から必要とされている。◯

3 がんによる全人的苦痛は、身体的苦痛と精神的苦痛の二つで構成される。

4 QOLは、がん患者の生命予後を評価する指標である。

5 グリーフケアは、がん患者のADL向上を目的としている。

スポンサードリンク

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください