脳血管性認知症

脳血管性認知症とは

脳梗塞や脳出血などの脳の血管障害を原因とする認知症

  • 物忘れが目立たず、家の中でじっとしていることが多いことから、家族の手がかからないために、見逃されていることが多い
  • 放置されると、ますますじっとしていることが多くなり、新たな脳梗塞や脳出血が起こり、急激に症状が進むことがある→階段状に悪化
  • 脳梗塞などの血管障害が新たに起こらなければ進行しないので、高血圧などの身体的なケアが予防のために重要

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください