遠見書房から、公認心理師の養成テキストが順次刊行中

遠見書房から、2018年3月から

公認心理師の基礎と実践と題し、順次テキストが刊行されています。

5月12日現在で

  1. 公認心理師の職責
  2. 心理学概論
  3. 臨床心理学概論

の3つが刊行されています。

これから、各出版社から公認心理師関のテキストが出てくると思いますが

まだまだ少ないのが現状です。

けれども、このシリーズは、9月9日の第1回公認心理師試験までに

全てが刊行されるわけではないですし

番号順に刊行されるわけでもないようです。

また、値段も全て揃えるとなると

58600円となかなかの高額です。(間違っていたらすいません)

お金と相談しながらですねー。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください