サクセスフル・エイジング

スポンサードリンク

サクセスフル・エイジングとは

衰退や喪失で特徴づけるよりも、これまでの経験を英知として活かし、ボランティアや社会生活への貢献など、この年齢だからこそできることを評価し、老化へのプロセスの幸福な適応を意味することが強調される

サクセスフル・エイジングが何によって担われるのかを説明する代表的な理論として、離脱理論、活動理論、持続理論が提起されてきた。離脱理論では、高齢期以前の社会生活や活動からの撤退がサクセスフル・エイジングを担うと考える。一方、活動理論では、高齢期以前の社会生活や活動性の維持がサクセスフル・エイジングを担うと考える。これらの理論間の対立への一つの解答として、持続理論が挙げられる。そこでは、高齢期以前から の自己概念や信念等の個々の内的構造、役割や社会生活等の外的構造を維持することを重視している。

現任者講習会テキスト

平成23年介護福祉士国家試験に出題

老年期の発達に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

  1. 老性自覚の出現年齢には個人差がある ◯
  2. 疾病は老性自覚の出現には影響しない
  3. 社会的役割は定年により喪失する
  4. 精神機能は一貫して低下する
  5. サクセスフルエイジングは客観的な幸福感のことである

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください