強迫性障害

強迫性障害OCD(Obsessive Compulsive Disorder)

自分でもコントロールができない不快な考え(強迫観念)が頭に浮かび、その不快な考えや気分を振り払おうとして、さまざまな行為(強迫行為)を行う、一連の精神的な障害。従来、強迫神経症とよばれていた。不安障害のひとつ。

特徴

最大の特徴は、強迫行為自体は常軌を逸しているものの、それ以外のことについては全く正常な人と同じか、あるいはそれ以上に優れた能力を持っているということ。また、うつ病などの精神疾患と決定的に違う点は、自分の症状が、明らかにおかしいということを本人が自覚していること。

発症率

米国における調査によると、強迫性障害の生涯有病率は、1.9%~3%と報告されている。仮に3%として日本に当てはめてみると、約400万人近くの強迫性障害の患者がいることになる。強迫性障害の発症年齢に特に男女差はなく、全患者の約7割の人が25歳までに発症しているとされている。

 

原因

不明。複数の要因が影響しているとされる。

 

治療

早期発見・早期治療。時間がかかる。薬物効果あり。精神療法で良く知られているものとしては、行動療法、認知療法、森田療法の3つがあげられる。

行動療法とは、不安や強迫観念を追体験しながら、自らの意思で不安や恐怖を克服していこうという精神療法。

認知療法とは、強迫観念を「認知の歪み」と捉え、その歪みを修正する過程を通して、合理的な判断力を取り戻そうという精神療法。

森田療法とは、「あるがまま」を受け入れ、不安を抱えたまま行動することにより、不安や恐怖を克服していこうという精神療法。

 

対処法

強迫行為を行わないと何事も手に付かず、物事にも集中できないため、強迫行為をしたくなる衝動にかられる。その衝動は非常に激しく、自分の意志ではどうにもなりません。

しかし、最初は気になって、物事に集中できなくても、無理矢理にでもやっていると、やがて徐々にですが不快感が薄らいでいく感じが得られます。そうすると、強迫観念に対する捉え方や考え方が変わり、以前よりも強迫観念をコントロールしやすくなります。

強迫観念を無視して、強迫行為を行わなかった場合、確かにしばらくの間は、他の物事に集中できなくなり、能率が落ちるものです。しかし、そこを何とか我慢すると、強烈な不安感や恐怖感はしだいに薄らぎ、徐々にではあっても、本来やるべき事に集中できるようになってきます。その時には、すでに強い不安感や恐怖感は感じられなくなり、ちょっとした達成感のようなものが湧いてくる時があります。

強迫観念に襲われた時は、とにかく頭の中で考えをこねくり回さないことが大切です。極端にいうと、強迫観念に襲われた時は、思考を停止しなくてはいけないのです。

強迫性障害の人は、初めのあらゆる考えや思いつきについて、しつこく考え過ぎる傾向があります。

物事を突き詰めて、深く考えてしまう「癖」がついているので、強迫性障害に陥ってしまうのです。

したがって、物事を深く考えない癖をつける必要があります。

これは、言うは易しで、最初は非常に辛いもので、難しいものです。

強迫観念が襲ってきても、これ以上考えてはいけないと、意識して努力していれば、良い癖がついてきます。

強迫観念について、考えれば考えるほど、正解から遠ざかることをしっかりと理解しておくことが非常に重要です。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください