学校の職員会議は、ムダが多すぎる。「ムダゼロ会議術」から学ぶスリム会議

学校の会議が、本当に不毛です。

特に職員会議とか。

  • やたら長い
  • なぜか職員室でやる(距離が遠すぎる、内職をする)
  • 「読んどいて」で済むこと多すぎ
  • 会議ではなく報告が大半

最長で3時間とかの職員会議を経験したこともあります。

いやいやいやいや。

この著書は、企業の会議用に書かれていますが、大いに学校現場でも参考になります。

49Pを読むだけでも、めちゃくちゃ為になります。

詳しくは書きませんが、特に勉強になった点だけ紹介します。

会議の種類で呼ぶ人を選定せよ!!

決定会議

可決か否決かを決めることが目的の会議。決裁者が集まるべき会議。学校でいうと、管理職会議、主任会議。

拡大会議

発想の拡大や飛躍を目的とする会議。アイディアを生み出せる人が集まるべき会議。学校でいうと、企画委員会、運営委員会、ケース会議など。

共有会議

意思伝達が目的。関係者全員が集まるべき会議。学校でいうと、職員会議、朝会。

 

49Pを読むのだ!

以下は、ムダゼロ会議の49P「最強会議フレーム」を元に作っています。

うまくいく会議 うまくいかない要因 対策
目的、論点、

人員が

明確かつ適切

「逆算力」

の欠如

❶会議の人選

・会議を3つに分けて、人選する

❷論点(問い)

・疑問文にする

・2つを比較する

・数字を入れる

・What→Why→Howで問う

短時間、

濃い議論が

スムーズ

「ファシリテーション」

の欠如

❸ゴール設定

・開始30秒でゴール宣言する

・短い言葉でスイッチを入れる

❹シナリオ

・ぼんやりと3つのシナリオを書く

・会議の進行はふろしきを意識し、広げて、たたむ

❺広げる(拡散)

・アイスブレイクでボルテージを上げる

・Never Say No!(決して否定しない)

・一斉宣言

・見える化

❻たたむ(収束)

・2つに分ける

・4つに分ける

会議成果が

共有、行動化

「執念」

の欠如

❼1枚議事録

・3分でNEXT STEPを書く

・議事録は「当日配布」する

 

かなりオススメなので、ぜひ読んでください。

 

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください