児童福祉法・児童虐待防止法の改正の流れ 重要部分

平成12年:児童虐待の防止に関する法律(児童虐待防止法)の成立(H12.11施行)

・児童虐待の定義(身体的・性的・ネグレクト・心理的)・住民の通告義務

平成16年:児童虐待防止法・児童福祉法の改正(H16.10から順次施行)

・児童虐待の定義の見直し(同居人による虐待を放置すること等も対象)・通告義務の範囲の拡大(虐待を受けたと思われる場合も対象)・市町村の役割の明確化・(相談対応を明確化し虐待通告先に追加)・要保護児童対策協議会の法定化

平成19年:児童虐待防止法・児童福祉法の改正(H20.4施行)

・児童の安全確認等のための立入調査等の強化・保護者に対する面会・通信等の制限の強化・保護者に対する指導に従わない場合の措置の明確化等

平成20年:児童福祉法の改正(一部を除きH21.4施行)

・乳児家庭全戸訪問事業・養育支援訪問事業等子育て支援事業の法定化及び努力義務化・要保護児童対策協議会の機能強化・里親制度の改正等家庭的養護の拡充

平成23年:児童福祉法の改正(一部を除きH24.4施行)

・親権停止及び管理権喪失の審判等について児童相談所長の請求権付与・施設長等による児童の監護等に関する必要な措置に対する親権者等による不当な妨害の排除・里親等委託中及び一時保護中の児童に親権者等がいない場合の児童相談所長の親権代行

平成28年:児童福祉法・虐待防止法の改正(一部を除きH29.4施行)

児童福祉法の理念の明確化・母子健康包括支援センターの全国展開・市町村及び児童相談所の性の強化・里親委託の推進 等

平成29年:児童福祉法・虐待防止法の改正(H30.4施行)

・被虐待児等の保護者に対する指導への司法関与・家庭裁判所による一時保護の審査の導入・接近禁止命令を行うことができる場合の拡大

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください