ヘルパー・セラピー原則

スポンサードリンク

ヘルパー・セラピー原則とは

リースマン(F. Riessman)が提唱。援助者が与え、被援助者が受け取るという関係性ではなく、援助者も人を援助することにより得ているものがあるという考え方。「援助をする人が最も援助を受ける」と表現されることもある。

平成26年度社会福祉士国家試験に出題

自助グループに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1. 自助グループの特質は、同様の生活課題をもつ人が集まり相互に助け合うところにあり、行政への要求運動に発展することはない。
2. 自助グループは、専門職や専門機関の援助を継続的に受けることで成り立ち、同じ問題を抱えた人が、グループの力を使って問題解決を図るものである。
3. 自助グループの活動は、グループワーカーとメンバーの関係、プログラム活動及び社会資源の三要素を使って展開される。
4. 自助グループは、メンバー間の対等な相互支援関係があることでメンバーの自己肯定感を高めるなどの機能がある
5. 自助グループでは、ヘルパー・セラピー原則が起こらないように注意する必要がある。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください