映画でみるペップトーク

ハリウッド映画では、今までも数々の映画でペップトークがとりあげられています。

ラグビー、アメリカンフットボール、アイスホッケーなど

闘争心が不可欠なスポーツとの相性がいいんでしょうね。

スポンサードリンク

映画でも、以上のようなスポーツ映画で使われています。

ミラクル(2004年)

カート・ラッセル演じる主人公ハーブ・ブルックスは、学生の寄せ集めチームであるアイスホッケーアメリカ合衆国代表のヘッドコーチ。試合の直前に、選手たちを鼓舞するために、控え室でスピーチをした有名なシーンがこちら。

 

そして、そのシーンを完コピし、メジャーリーグの試合前、そのスピーチの腕前を披露いたシーンがこちら

エニイ・ギブン・サンデー(1999年)

オリバー・ストーン監督が製作したアメリカン・フットボール映画。

アルパチーノが、選手たちに向けて、少々長いペップトークを披露する。

 

 

 

 

 

インデペンデンス・デイ(1996年)

1

有名なSF映画。

スポールの場面ではないし、「絶滅」「逃げる」などのワードを使っているが

パイロットたちを鼓舞するスピーチは、とても感動的。

 

 

 

名スピーチは、ペップトークのいい練習になりそうです。

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください