デートDV

デートDVとは

恋愛関係における二者間(別れた恋人を含む)の支配/被支配関係、虐待状況、主体性の侵害のこと

暴力や暴力による脅しによって、相手を支配、コントロールすることが目的。

デートDVの種類

・身体的な暴力(殴る、蹴る、モノを投げるなど)

・精神的な暴力(暴言、脅す、監視、制限)

・経済的な暴力(お金をたかる、借りた金を返さない)

・性的な暴力(キスや性交を強要する、避妊しない)

デートDVは誰にでも起こり得る

・デートDVの被害にあうのは、「特別な人」や「あなたが悪いから」ではない

・加害をする人は、見かけから判断できない

・DVとはどういうことなのか、間違った情報を信じていないかなど、正しい知識を学ぶ機会が必要

・正しい知識を身につけると「何かおかしい」と気づくことができる(DV、虐待に気づいていない)

 

デートDVの実態「高校生・大学生への調査」

被害者の多くが、親や先生には相談せず、友人に相談するか、もしくは誰にも相談していない

「誰にも相談しなかった」47.1%

「友人・知人に相談した」45.1%

「家族や申請に相談した」10.5%

「学校関係者への相談」0.7%

NPO法人「DV防止ながさき」(2005)

全てに「NO!!」と言えますか?

①DVは結婚しているおとなの問題だ

②好きで付き合っている者同士にDVは起こるはずがない

③暴力がひどくても、謝ったら許してあげるべきだ

④暴力は、お酒やイライラなど理由があるので我慢すればなおる

⑤自分が性交を望んでいなければ「嫌だ」と言えるはずだ

⑥キスしたり、体を触らせたりするのは性交してもいいということだ

⑦レイプ被害は、知らない人から襲われるものだ

⑧私が他の異性と話すのを嫌がるのは、私のことを好きで仕方ないからだ

⑨殴った後で、「どうでもいい相手にこういうことはしない」と言ったが、私を特別に思っているからだ

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください