コーヒーカップモデル

國分康孝が提唱。

面接の「初期」,「中期」,「後期」の三つのステップと,「意識」,「無意識」という二つのレベルを組み合わせている

初期:信頼関係・リレーションの構築(ラポール)

中期:問題の分析,気づきの促し、解決方法の立案

後期:実行、解決方法の評価,再発予防

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください