ADHDと自閉症スペクトラムの比較

ADHDと自閉症スペクトラムの症状をまとめてみました。

診断基準は、明確に違うのですが、症状としては似たようなあらわれかたをすることがあります。

参考程度に。

  ADHD 自閉症スペクトラム
多動 基本症状の一つ 場合による
  場面に関係なく、いつも動く 誰にでも当てはまるが、やることやルールがわからないことが多いため、落ち着きがなくなる。また、常同行動がそう見える時がある。
不注意 基本症状の一つ 場合による
  一つのことに集中する時間が短い

注意力が分散しやすい

自分が興味のないものには、無関心

または、過度の集中により周りが見えなくなる

衝動性 基本症状の一つ 場合による
  感情や欲求を抑えることができず、すぐにやりたい、手に入れたい。 待つことができない。状況を読めず、興味の偏りが強いので、唐突に動いているように見えることもある
言語 遅れはない 遅れが見られることがある
  基本的に遅れはないが、早口で話す人がいる。 言語能力が高い人もいれば、低い人もいる。

相手に関係なく興味のあることを一方的に話し続けたり、おうむ返しをすることも。

対人関係 トラブルが多い コミュニケーション能力に課題
  周囲の反感を買う行動からトラブルが起こりやすいが、基本的に対人関係は理解できる。 他人の気持ちやその場の雰囲気を掴むのが難しい。風変り、一方的に見える。関わりを持とうとしたがらない場合もある。
こだわり ない ある
  自分の感情をコントロールできずに、何かに熱中しやすいことはある。ギャンブルやゲームなど、報酬がすぐ手に入るものに依存しやすい。 興味の幅が狭く、深い。特定の物、やり方、状態を常に維持しようとする。変更に対応できない。興味をもった物の情報や事実を集めるために膨大な時間を費やす
感覚 ない ある
  極端な感覚の過敏さ・鈍感さはない 聴覚、視覚、触覚などで過敏さや鈍感さが見られる

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください