平成30年度公認心理師国家試験「問13」

問13 社会的認知のバイアスについて、正しいものを1つ選べ。

  1. 他者の内面を実際以上に理解していると誤解することを透明性の錯覚<透明性錯誤>という。
  2. 集団の違いと行動傾向との間に、実際にはない関係があると捉えてしまうことを擬似相関という。
  3. 観察者が状況要因を十分に考慮せず、行為者の内的特性を重視する傾向を行為者ー観察者バイアスという。
  4. 自分の成功については内的要因を、自分の失敗については外的要因を重視する傾向を確証バイアスという。
  5. 人物のある側面を望ましいと判断すると、他の側面も望ましいと判断する傾向を光背効果<ハロー効果>という。
解答

自分の内面を他者が実際以上に理解していると誤解することを透明性の錯覚<透明性錯誤>という。
2つの間に、因果関係がないのあると捉えてしまうことを擬似相関という。
観察者が期待している成果に注視しすぎることにより、他が見えなくなる傾向を観察者バイアスという。
自分の仮説をを重視し、それを支持する情報だけを集めてしまう傾向を確証バイアスという。
人物のある側面を望ましいと判断すると、他の側面も望ましいと判断する傾向を光背効果<ハロー効果>という

スポンサードリンク

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください