平成30年北海道胆振東部地震が発生したことに伴う 第1回公認心理師試験(追加試験)概要

(1)第1回公認心理師試験(追加試験期日)

平成30年12月16日(日曜日)

試験会場の開場及び入室時刻:
8時30分から9時20分までの間に入室してください。
(9時30分から注意事項等の説明が始まります。)

(2)試験地

北海道,東京都

(3)試験範囲

公認心理師として具有すべき知識及び技能

(4)受験資格

第1回公認心理師試験の受験票の交付を受けたにもかかわらず,同試験を受験できなかった者であって,次のいずれかに該当するもの

  • ① 平成30年9月9日(日曜日)に北海道で受験する予定であった者
  • ② 平成30年9月9日(日曜日)において北海道内に居住又は勤務等しており,北海道以外の試験地で受験する予定であったが,平成30年北海道胆振東部地震の発生に伴い受験できなかった者
  • ③ その他,第1回公認心理師試験を受験できなかったことにつき,平成30年北海道胆振東部地震が発生したこと等に起因する正当な理由を有すると認められる者

(5)受験に関する書類等

(4)の受験資格に該当する可能性のある方に受験に関する書類を簡易書留で郵送します。(9月28日に当センターより投函。)追加試験の受験手続については,送付した受験に関する書類に記載しています。
10月2日(火)になっても書類が届かない場合は,センターにメール(fuchaku@jcpp.or.jp)でお問い合わせください。

(6)合格発表

平成31年1月31日(木曜日)
※第1回公認心理師試験(追加試験)を平成30年12月16日に受験される方の合格発表日です。

(7)受験に伴う配慮申請について

原則として平成30年9月6日(木曜日)以降に地震,事故又は病気の悪化で配慮(妊娠による配慮を含む。)が必要となった方で,受験上の配慮を希望する場合,平成30年10月12日(金曜日)(消印有効)までに当センター配慮係宛て簡易書留で申請書類を送付してください。申請書類は,当センターのホームページからダウンロードし,必要事項を記入してください。必ず受験申込書とは別に送付してください。 なお,すでに審査・承認を得ている方は,改めての申請は不要です

シェアお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください